Mamiya Leaf Leaf Credo | Leaf Aptus-II645DF+ カメラとレンズ |  キャンペーン | ソフトウエア NP-Webのトップページへ




Mamiya 645AFDIII・Mデジタルバック・ZD(資料)




Mマウントデジタルカメラバック×フィルム ハイブリッドAF中判カメラシステム
Mamiya 645AFDIII

デジタルバックとの相互通信の最適化が図られたMSCE(Mamiya Serial Communication for External)プロトコルの改良により、デジタルバックとの連携をさらに高め、一体感のある操作を可能にした高速高精度AF645カメラシステム。

●デジタルバックとの情報通信項目を増やし、Capture One DBソフトウエアとの高い連動性を実現。 ●3点の測距点を設定。自動切り替え、中央、左、右を選択可能。 ●より柔軟に個別の撮影スタイルに対応するカスタムファンクションを全面改良。 ●ボタン、電子ボタンを使った3つの測光モード切り替えと露出補正。 ●フィルム撮影時には、別売のMamiyaロールフィルムホルダーHM402との組み合わせで、2コマ/秒の高速連続撮影を実現。●豊富なMamiya 645AFDレンズ、アクセサリーおよびPHASE ONE 645AFDレンズが使用可能。


画面サイズ:56×41.5mm(実画面) レンズマウント:Mamiya 645AFマウント(LSレンズ使用不可)

インターフェイス:Mamiya、PHASE ONE、Leaf Mマウントデジタルバック、Mamiya HM402ロールフィルムホルダー

ファインダー:プリズム式アイレベルファンダー、ファインダー倍率約0.71倍、視野率約94%(実画面に対する長辺比率)

オートフォーカス:TTL位相差検出方式、測距点切り替えボタンによるAF範囲4種(自動切り替え、中央、左、右)

露出補正:±3EV(1/3、1/2、1ステップ) 測光範囲:EV2〜EV19(ISO100、80mmF2.8レンズにおいて)

シャッター:電子制御メタルフォーカルプレーンシャッター、AE時30秒〜1/4000秒、マニュアル時60分〜1/4000秒、X、B

サイズ(AF80mmF2.8D、ロールホルダー含む):約153×128×184mm、約1850g


PHASE ONE P+シリーズデジタルバック OEM製品
Mamiya Mシリーズデジタルバック
Mamiya ハイエンドデジタルバックに新シリーズM18,M22,M31登場!

Mamiya M18 Mamiya M22 Mamiya M31
センサー PHASE ONE CCD P30+ P30 P21+ P20
44.2×33.1mm
4904×3678(1800万画素)
PHASE ONE CCD P45+ P45 P25+ P25
 48.9×36.7mm
5312×3992(2200万画素)
PHASE ONE デジタルカメラバック P30+ P30
44.2×33.1mm
6496×4872(3100万画素)
ISO感度設定 100〜800 50〜800 100〜1600
撮影間隔/コマ* 0.8秒 1.5秒 1.25秒
レンズ比率 約1.3× 約1.1× 約1.3×
ピクセルサイズ 9×9ミクロン 9×9ミクロン 6.8×6.8ミクロン
データーストレージ CFカードまたはFWでの連結撮影(Capture One DB)
画質 16bit 12 f-stopsのダイナミックレンジ
ライブビュー フルカラー 1.5〜3フレーム/秒転送
対応露光時間 1/10000秒〜1時間
インターフェイス FireWire400(IEEE1394)
ソフトウエア 最新のCapture One DBが無償で使用可能
電源 専用リチャージブルバッテリーまたはFireWire
バッテリー駆動時間* 約4時間/約5000ショット 約4時間/約4000ショット 約4時間/約3000ショット
液晶モニター TFTカラー2.2型(約23万画素)

【Mamiya Mシリーズデジタルバックのソフトウエア動作環境について】

テザー撮影・現像ソフト PHASE ONE Capture One PRO 10 DB(無償) Mac OS X 10.11.6〜12、Windows 7(SP1)〜10


カメラ一体型AF中判デジタル&Mamiya645マウント単体デジタルバック
Mamiya ZD, ZD Back

Mamiya ZD、ZD Back


Mamiya ZD Mamiya ZD Back
型式 AF一眼レフデジタルカメラ デジタルカメラバック
CCD フルフレームトランスファー正方原色CCD 48×36mm
画素数 48.0×36.0mm2130万画素(総画素数 約2170万画素)
記録画像形式 RAW、JPEG(同時記録可能) Adobe RGB/sRGB、各色14bit 記録12bit
記録媒体 SD/CFカード 各1スロット
使用レンズ、ボディ Mamiya AF645、MF645 645AFD II
マミヤRZ67PRO IID
(別売デジタルバックアダプターHX701要)
ローパスフィルター 被写体、環境に応じて着脱可能(別売)
インターフェース IEEE1394(4pin)、ビデオ出力(NTSC/PAL)
撮影感度 ISO50〜400(1/3ステップ)
ホワイトバランス オート、日陰・曇り・晴れ・蛍光灯・電球、プリセット1/2、微調整、色温度数値設定
連続撮影可能枚数 約1.2コマ/秒 連続10コマ
液晶モニター TFTカラー 1.8型(約13万画素)
電源 リチャージブルリチウムイオンバッテリー
大きさ・重量 W162×H152×D91/mm 約1300g(本体) W106×H90×D62/mm 約450g(本体)
ボディ同梱品 ZD本体、ソフトウエア、リチウムバッテリー、チャージャー、IRカットフィルター、IEEE1394ケーブル、ネックストラップ ZD Back本体、ソフトウエア、リチウムバッテリー、チャージャー、IRカットフィルター、ファインダースクリーン(A)、ソフトケース、キャップ
希望小売価格・発売日 OPEN PRICE
平成17年12月発売
OPEN PRICE
平成19年4月発売

【Mamiya ZDのソフトウエア動作環境について】

現像ソフト Digital Photo Studio Mac OS X 10.2〜10.4.x(10.8動作検証)、Windows XP(32bit)
      PHASE ONE Capture One PRO 10(有償) Mac OS X 10.11.6〜12、Windows 7(SP1)〜10

キャプチャー&カメラコントロールソフト Remote Capture(β)Mac OS X 10.5.1、Windows XP/Vista

※Mamiya ZD、Digital Photo Studio、Remote Captureのサポートはすべて終了しています。使用環境や今後のOSのアップグレードを含め、動作保証はいっさいできません。


各社の登録商標について。



ページの先頭へこのブラウザでホームへ戻る