HR Alpagon 40mm HR Alpagon 32mm HR Alpagon 23mm ALPA 12 メインページ フォトグラファーによる実写&レポート NP-Webのトップ


ALPA of SWITZERLAND


※メールにてURLをお送りしますので、ご希望のファイル名を、こちらよりメールで ご請求ください。

#3. HR Alpagon 40mm×PHASE ONE IQ280
ALPA 12SWA(シフト未使用)、HR Alpagon 40mmF4、PHASE ONE IQ280(8000万画素)、ISO 50、F8、1/125
zip画像:Capture Oneでノーマル現像〜JPEG 10/10で保存(コントラスト、シャープネス他未調整)

オーナー様へ引き渡し前のHR Alpagon 40mmレンズとデジタルバックをテストさせていただきました。デジタルバックは、この時点で国内に数台しか入荷していないPHASE ONEの最新鋭機、IQ280です。現在考えられる最高峰の組み合せによる画質を実寸データー>Zip/1カット約36MBでご検証ください。
オーナー様の「フルフォーマット8000万画素センサーに対して、レンズは充分な解像力を有しているのか」という懸念に、私たちは撮影データーをモニターで開いた瞬間、こうお答えしようと思いました。「1億画素を超す機種が現れたとしても、HR Alpagonはいっさいひけをとらない光学性能のレンズです」

Alpagon32mmに比べ、周辺光量落ち、画面内の色ムラ、諸収差ともほとんど目立ちません。撮影はノンフィルターで行い、レンズキャストキャリブレーション機能も使用していません。また、超広角の23mm、32mmがF8付近で画質のピークを迎えるのに対し、HR Alpagon 40mmは、開放F4からすでに高い光学性能を発揮しています。


ALPA 12テスト画像


#2. HR Alpagon 32mm×PHASE ONE IQ180
1枚目:ALPA 12SWA(シフト未使用)、HR Alpagon 32mmF4、PHASE ONE IQ180(8000万画素)、ISO 50、F8、1/125
2枚目:ALPA 12SWA(シフト未使用)、HR Alpagon 32mmF4、PHASE ONE IQ180(8000万画素)、ISO 50、F8、1/30(センターNDフィルター使用)
zip画像32mm_f8.0.jpg:Capture Oneでノーマル現像〜JPEG 8/10で保存(コントラスト、シャープネス他未調整)
zip画像32mm_f8.0_CND.jpg:Capture OneでLCC補正、ハイダイナミックレンジ・トーンカーブ調整後現像〜JPEG 8/10で保存

HR Alpagon×8000万画素機による画質を、実寸データー>Zip/2カット約32MBで、ご検証ください。6×7フィルムサイズをほぼカバーするワイドなイメージサークルを持つHR Alpagon 32mmが、フルフォーマットセンサーでありながら、四隅まで色収差、流れ、光量落ちを極限まで抑制し、PHASE ONE IQ180の描写力を最大限に引き出しています。

#1.のAlpagon23mm×DM33に比べ、8000万画素による圧倒的な解像力ですが、フルフォーマットのため若干の周辺光量落ちと、画素ピッチが小さい(7.2μに対し5.2μ)ことによる干渉と思われる画面内の色ムラがやや目に付きます。
2枚目の画像は、撮影時にセンターNDを使用して周辺の光量落ちをカバー(シャッター速度で+2露出補正)しています。また、現像時にCapture Oneのレンズキャストキャリブレーション機能(LCC)を使用して色ムラを補正。ハイダイナミックレンジ・トーンカーブ調整を行っています(シャープネス未調整)。


ALPA 12テスト画像


ALPA12 テスト画像



#1. HR Alpagon 23mm×Mamiya DM33
1枚目:ALPA 12WA、HR Alpagon 23mmF5.6、Mamiya DM33(Leaf Aptus-II 7互換機3300万画素)、ISO 100、F11、1/125
2枚目:ALPA 12WA、HR Alpagon 23mmF5.6、Mamiya DM33(Leaf Aptus-II 7互換機3300万画素)、ISO 50、F11、1/125
zip画像(共通):Capture Oneでノーマル現像〜JPEG 8/10画質で保存(コントラスト、シャープネス他未調整)

実寸切り抜き部をご覧になっただけで、HR Alpagonの高い解像力を実感いただけると思います。そして、撮影は最新の6000万画素、8000万画素機ではなく、3300万画素で比較的中庸シャープネスのダルサセンサー機であることに驚きをもたれるのではないでしょうか。
中判デジタル撮影用レンズとしては最広角のHR Alpagon 23mmの光学性能と、ALPA 12カメラの高精度な平面性と各ユニットの保持力が(1.1×センサーであることを差し引いても)、画面の四隅でも破綻のない描写力と諸収差の抑制力を発揮しています。
実寸データー>Zip/2カット約13MBで、全体の描写をご検証ください。


ALPA 12テスト画像


ALPA12 テスト画像

フォトグラファーによる実写レポ

このページを閉じる