ナショナル・フォートのトップへ

フィルム相反則不軌
コダックカラースライド
フジクローム
フォトラマ
コダックカラーネガ
フジカラーネガ

フィルター
コダックフィルター
フジフィルター

撮影・規格
フォーマットと焦点距離
接写時の露光倍数
撮影距離と撮影倍率
サイズと規格
簡易露出倍数スケール

世界の電圧とプラグ
世界の電圧とプラグ

デジタル
デジカメのデータサイズ
モニター画面解像度


▲ページのトップへ
お役立ち!フォトデーターバンク

接写時の露出補正

1.倍率を求める

レンズの焦点距離分の(ジャバラの長さ−レンズの焦点距離)=倍率

2.露出倍数を求める

(倍率+1)の二乗=露出倍数

例:ジャバラの伸びが330mm、レンズの焦点距離が150mmの場合
150分の(330-150)=15分の18=1.2

3.露出補正値を求める

(1.2+1)×(1.2+1)=4.84

露出倍数=4.84 必要な補正=+2から若干押し

簡易露出倍数スケール