ギャラリーNP原宿・写真展情報 | オリジナルプリント | ご利用案内・展示スペース | 地図とアクセスお問合せ |  NP-Web TOPへ

ギャラリーNP原宿




ギャラリーNP原宿 JAPAN LEICA CLUB 写真展 #09「影・蔭・翳」

2016年11月7日(月)〜13日(日) 10:00〜18:00(土・日 17:00まで) ※今展開催中は無休 入場無料


JAPAN LEICA CLUB 写真展 #09「影・蔭・翳」によせて

本写真展は、様々な立場のオヤジ達が "ライカが好き" という一点でひょんなことから知り合い、これまで年に一度の写真展を開催して参りました。
これまでの写真展においては、必ず「ライカ…」という冠を付けたタイトルにして参りましたが、今回は「影・蔭・翳」と "ライカ" を付してありません。極めてオーソドックスなテーマでタイトルであります。
言うまでもなく、写真は光と影の複合物であります。今一度この当たり前の地点に立ち返り、自らの写真を見つめ直しすのも一興ではないかと思うものです。
本写真展では、ライカ社製カメラ(フィルム、デジタル)あるいはライカ社製のレンズを使って撮影するという最低限の縛りを設けております。ただ、実際には両方ともライカ社製で撮影していることが多いものと思われます。
ご高覧頂けたら幸甚です。


JAPAN LEICA CLUBについて

Japan Leica Clubは、今写真展で前身を含め創立9年となります。
2004年に世界初のデジタル・レンジファインダー・カメラEPSON R-D1が登場し、この魅力に嵌まったR-D1使いは、交流を行う場としてR-D1専用ネット掲示板に集い、そのうち掲示板を離れてグループを組み、撮影、呑み会など交流を更に深めていきました。2006年にライカ社より発売されたライカM8をそれぞれが徐々に所有することになり、いつしか撮影会はM8づくしになっていきました。そして2009年にデジタル・レンジファインダー・カメラでは初のフルサイズ撮像素子を持ったM9が発売され、フルサイズを求めていた我がクラブのMデジファンもM9を持つこととなりました。そして、現在は昨年発売のM Type240が浸透しはじめました。

写真展履歴:
2008年6月30日〜7月11日 銀座ANTIQUARYにて初のグループ展「白黒ショー」を開催(ここでは特にグループ名は付けず)。
2008年の暮れ M8所有者が100%になったのを機会にグループ名を「Japan Leica M8 Club」とした。
2009年2月2日〜7日 Japan Leica M8 Clubとしては初の写真展「ぼくはアイツのM8がキライだ」を渋谷ル・デコにて開催。
2010年2月 グループ名をJapan Leica Clubと改名。第2回写真展として「ライカつれてこ」を渋谷ル・デコにて開催。
2010年11月9日〜14日 Japan Leica Club第3回写真展「MY HOME LEICA」を渋谷ル・デコにて開催。
2011年11月1日〜6日 Japan Leica Club第4回写真展「ライカ鉄道」を渋谷ル・デコにて開催。
2012年11月6日〜11日 Japan Leica Club第5回写真展「ライカはつらいよ」を渋谷ル・デコにて開催。
2013年11月12日〜17日 Japan Leica Club第6回写真展「和ライカ」を渋谷ル・デコにて開催。
2014年11月11日〜16日 Japan Leica Club第7回写真展「水ライカ」を渋谷ル・デコにて開催。
2015年11月10日〜15日 Japan Leica Club第8回写真展「旅ライカ」を渋谷ル・デコにて開催。
2016年11月7日〜13日 Japan Leica Club第9回写真展「影・蔭・翳」を原宿ギャラリーNP原宿にて開催。

会員は11名。会員は兵庫県、長野県、神奈川県、東京都などに在住。本展では9名が参加(ハンドルネームにて記載)。

亀吉 … オールド・レンズの大家。ただいま大判カメラに凝っている。鶏卵紙による写真制作もこなす。
六助 … 鉄分多し。青春じゃないのに青春切符を使ってガンガン乗り廻る。
mario … 食べ物絡み、仕事絡みの逸話には事欠かない。ライカQに夢中。
slackworks … ジャズギター演奏、記事執筆とウクレレ、ギター製作をこなす。本業は何?
minton … 信州在住。様々なイベントに関わり、本業も超過密スケジュール。
bak-g … サックスを演るドクター。焼き物もこよなく愛す。
speedstar … 神戸在住。昨年から参加の一番新しい会員のドクター。
穂夏 … 街スナが好きで、ストリートを切りまくる土木SE。
隠居 … とりあえずクラブの連絡調整役。人の嫌がるものを研究していたので、現在も研究心・探究心強し。写真撮影(スタイル)にも反映?


本写真展に関するお問い合わせ・資料や画像のご請求・ギャラリーご利用のご案内

ギャラリー担当者 籠田(かごた)、田辺または、gallery@nationalphoto.co.jpまで



ページの先頭へ